車検の費用を格安にできる!?ユーザー車検!!

251cc以上のバイクには車検が必要です。

251cc以上のバイクを所有していると欠かすことができないのが、車検です。しかし、一番気になるのが金額でしょう。一般的にはバイク屋へ頼んで車検を通してもらいますが、高額になることから自分で車検に出すユーザー車検と言う方法があります。バイク屋へ車検に出すと車検に必要な費用のみではなく、バイク屋へ支払う手数料が必要ですが、ユーザー車検は車検に必要な費用のみで車検に出すことが可能です。これによって、数万円も費用を安くすることができます。

ユーザー車検は非常に格安です。

車検場に到着したら最初に購入しなければいけないのが、記入が必要な書類を50円で購入します。次に自動車検査登録印紙を購入しますが、これは1700円が必要です。重量税を支払う必要があり、バイクは排気量によって重量税が異なりますが、2500円から5700円と非常に幅があります。その後に自賠責保険料を支払いますが、これも自賠責保険をかける期間によってことなります。しかし、全てを支払っても2万円程度の金額で車検を通すことが可能です。

バイク屋へ車検に出すと半分以上が人件費です。

ユーザー車検は2万円程度で車検に通すことが可能ですが、バイク屋へ車検に出すと最低でも5万円以上は必要になります。つまり、3万円以上は人件費になりますが、高いバイク屋へ車検に出してしまうと8万円程度まで上がる場合もあります。しかし、車検に通すことができるのは1日で3回までと規制があるために、1度車検に出して不合格になった場合には修理をして車検に出す必要があり、2万円程度の金額は修理をする箇所がない場合です。

車検は対象の車両が公道での走行に適していることを確認するための作業です。部品の劣化などの異常が確認された場合は修理する必要がありますが、業者によって費用が異なるので事前に確認するように心がけます。